子供も花粉症に!大人と症状が違う?対処法はこれ!

スポンサーリンク

毎年3月頃になると

花粉症の話が話題になることが

多いですね。

 

この頃飛んでいる花粉は

スギ花粉ですが

5月のゴールデンウィーク過ぎまで

続きます。

 

 

でも子供の花粉症って

あまり聞かないと思いませんか?

 

最近では2、3歳から花粉症になる

子供も多くなってきてきているとか・・・

 

しかも突然症状が出て夜も眠れなくなるほど

目が痒くなったり鼻が詰まったりΣ(゚д゚lll)

ママは大慌てしてしまいますね。

 

家の中での予防策や、外に出る時の注意点など

一緒に勉強して行きましょう!

 

まずは子供と大人の花粉症の症状の違い

お伝えしていきますね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供の症状、大人の症状の違いは?

 

大人と子供の花粉症の症状が違うって

実は私も始めて知りました!

 

大人はよくくしゃみが止まらなくなって

目が痒くなっています。

中にはのどが痛くなる人もいますよね。

 

子供は重点的に鼻づまり、鼻水なんですよ

 

中には目がひどく痒くなる子供もいます。

 

でも鼻づまりや鼻水なら

風邪勘違いしてしまいそうですよね〜

 

時期的に風邪は無いかなと思ったら

花粉症になっている可能性が高くなります。

 

あまり長引く鼻づまりなら

耳鼻咽喉科に受診して下さいね。

 

花粉症の症状大人が主に目子供が鼻
勉強になります。

 

では次に家の中での4項目の注意点

チェックして下さい。

 

スポンサーリンク

家の中でできる予防策とは

 

まずは新聞やテレビなどで

花粉情報をチェックですね。

 

花粉が非常に多い日

特に注意が必要です。

 

1,外から帰ってきたら家の中に入る前には

必ず衣服髪の毛に付いた花粉

しっかり払ってから家に入ること。

 

2, 天気の良い日は布団など干したくなりますが

天気の良い日ほど花粉がたくさん飛んでいるので

極力干さない。

干しても取り込む時にはしっかり

花粉を払い落としましょう

 

3, 空気清浄機などは有効ですが

部屋の中に花粉が入らないように

窓はしっかり閉めて下さい

換気の時には少しだけ窓を開けて

短時間で閉めましょう!

 

 

4, 特に花粉やホコリのたまりやすい

カーペットやベッド周辺こまめに掃除を心がけて!

 

 

家の中に全く花粉を取り込まないのは無理なので

最低限出来る事で花粉を吸い込まないような

環境にすることが重要ですね。

 

もちろん外から帰ってからの手洗いうがい洗顔

絶対必要ですよ!

 

家の中での対策はできても、外出の時

子供の予防対策は難しいですよね〜

 

次にこんなグッズもあるので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

外出する時の対策は?

 

大人と子供の花粉症対策で

1番の違いはマスクだと思いませんか?

 

大人ならマスクは長時間できますが

2、3歳の子供ってすぐにマスクを外したがりますよね〜

しかもマスクに隙間が・・・

子供 マスク

これでは全然効果ないじゃん!」って

思いませんかぁ?

 

そこで考えました!

 

やっぱり好きなキャラクターのマスクですね。

 

売っていない場合は手書きです。

これは裏ワザです!

 

横に隙間ができそうな所には

お気に入りのシールを貼ることにしました。

 

その姿を鏡で見せて「カワイイ〜」とおだてると

しばらくは喜んでしてくれてます。

 

マスクをさせるだけでも一苦労ですよね〜

 

目が痒くなる場合には、メガネのような

ゴーグルがあります。

 

【ソフト新素材TR-90・子供用サイズ】おしゃれ花粉症メガネ(OGKD-600ピンク・クリアー)

【ソフト新素材TR-90・子供用サイズ】おしゃれ花粉症メガネ(OGKD-600ピンク・クリアー)

こちらもカワイイ物もありますので

上手くおだててはめてもらうしかなさそうですね〜(^^;;

 

 

スポンサーリンク

最後に一言

 

子供の花粉症の症状が鼻ということなので

夜眠れなくなったり、鼻水が喉に入り込み

気管支炎喘息の心配もあります。

 

中には鼻が詰まり口呼吸になることで

熱を出してしまう場合もあります

 

スギ花粉は約3ヶ月程続きますので

ママも一つ苦労が増えます^_^;

子供にとって良い環境づくりを

頑張りましょう!

 

でも毎年なのかと思うと子供が1番辛く

イヤな時期の思い出になってしまうかも

知れませんね〜(^_^;)

 

 

コメント