プール熱の正体は?大人の症状は軽くない?!

スポンサーリンク

夏の始まりによく聞く

プール熱という言葉。

 

一般的には子供がプールに入ると

集団感染するイメージが強いですよね〜

 

それは間違いなんです!!

もちろん80パーセントは

5歳以下の子供が感染するのですが

大人には2次感染の恐れがある事を

忘れないでください

 

しかも大人が感染すると症状は

子供よりも重くになりかねません。

 

では大人が感染した場合

どんな症状なのか

是非知っておきましょう!

 

スポンサーリンク

症状は子供より重い

 

プール熱(咽頭結膜熱)とは

そもそも夏風邪とも

言われています。

 

子供が感染しやすい

手足口病やヘルパンギーナとも

症状が似ているので

間違えやすいですね~

 

プール熱のウイルスは

アデノウイルスですが
その中でも51種類のウイルスがあるので

症状は違ってきます。

 

多いのはアデノウイルス3型ですが

大人が感染した場合子供より

症状は重くなります。

 

子供は高熱が出て

喉が少し痛くなるのに対し

大人は高熱はもちろんの事

喉の痛み頭痛が想像以上の

激痛になる事があります。

 

プール熱(咽頭結膜熱)名前のとおり
目も結膜炎をおこし充血も出ます。

 

こなアデノウイルスの中でも

7型に感染した場合

注意が必要な方がいます!

  • 元々持病がある人
  • 乳児
  • 高齢者

特にこのような方が

アデノウイルス7型に感染した場合

重篤になりかねません!!

 

ここまで見ても

たかが夏風邪では無いことがわかります。

怖いんですよね〜

 

おたふく風邪やはしかと同様

大人が感染してしまうと

症状は重くなるんですね!

 

スポンサーリンク

子供から感染しない為には?

 

どんな病気(感染するもの)でもそうですが

感染した人からもらってしまう事が多いので

注意する事はたくさんあります。

 

 

  • 手洗いはこまめにする
  • 乳児が感染した場合オムツ替えには気を付ける
  • プールの時タオルなどの共有はやめる
  • プール前にはシャワーをしっかりする

など大人の心がけが、大切ですね。

 

ここで言えるのは

手洗いうがい

しっかりこまめにする事が

感染しない1番の予防策です!

 

でも感染してしまったら

しょうがないですよね〜(^_^;)。

スポンサーリンク

感染した場合病院はどこに行くの?

ここまでで症状がプール熱かも

と思ったら、すぐに病院で

受診して下さい。

 

子供ならば、かかりつけの

小児科へ行けばよいですが

大人の場合内科医、あるいは

結膜炎などひどい場合は

眼科受診をして下さい。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

プール(熱咽頭結膜熱)でわかった事は

 

  1. うつる
  2. 感染経路がある
  3. 予防をする
  4. 治療する

ですね。

大人が感染してしまうと

子供よりも重くなるという事

忘れないでください。

 

まず感染しないのが1番なので

周りにプール熱かな?と思う人がいれば

予防は徹底していきましょう。

 

夏になればプールは楽しいです。

 

でもその裏にはウイルスが潜んでいる

という事なのかもしれません!

楽しい夏にしましょうね(^^)v

コメント